【英語のルールブック】品詞ってなんでっか?【品詞のマニュアル】

【英語のルールブック】品詞ってなんでっか?【品詞のマニュアル】

まいど!編集長いながきです!

いきなりですが、品詞って知ってますか?

名詞とか、動詞とか、国語の授業でも習うので

聞いた事くらいはあるはずです

品詞っていうのは

その言葉が、どういう機能を持ってるかによって分類されてます

簡単に言うと

何を説明する言葉か、分類したもの

って感じです

 

ここでは簡単に

どういう品詞があって、その品詞はどういう働きをするか

ということだけ、説明します

それぞれの詳しい話は、別の記事でします

書いたらリンクを貼っておきますので、そちらを読んでいただければ

理解を深めていただけると、思います

 

ちなみにいながきは

大学に入るまで、品詞を無視してきましたが

品詞と向き合うことによって、英語の理解度がダンチだったので

あれです(結局何が言いたいかわからん)

 


天道虫男

品詞とか中学校で教えてくれたっけ?

 


いながき

記憶にございません(中学の授業とか思い出せん)

 

Advertisement

名詞

名詞=モノの名前

ざっくりいうとモノの名前ですが

動物の名前とかも、含まれます

『名』前の『詞』と、覚えればOKです

 

その名詞の中にも、細かく分類があるので

それも紹介します

固有名詞

固有名詞=人名とか、店名とか会社名とか、決まった名前

いわゆる、一文字目が大文字になる名詞です

例えば、コンビニじゃなくて「ローソン」とか「ファミリーマート」とか

お店の名前が固有名詞です

車で例えると、「プリウス」とか「タント」とか

なんなら「トヨタ」「日産」などの、会社名も固有名詞です

「いながき」とか人の名前も、「コカコーラ」みたいな商品名も

固有名詞に、あたります

 

固有名詞だからといって、他の名詞と何が違うということも無いので

無理に分けて考える必要は、ありません

 

固有名詞の記事はこちら

一般名詞

一般名詞=固有名詞以外の名詞

the その他です!

普通のモノの名前です

「箱」とか「ペン」とか「猿」とか

「野球」とか「公園」とか

モノの名前は、全て一般名詞です

 

難しく考えずに、モノの名前だけ覚えて帰ってください

一般名詞の記事はこちら

冠詞

冠詞=”a”と”an”と”the”

これは余談です

冠詞というのは、品詞の仲間じゃないけど

冠詞を忘れると、テストで痛い目に遭うので入れときます

名詞の中には、数えれるモノと数えられないモノがあって

数えられる名詞(可算名詞)の前に

この「冠詞」をつけるか

複数形にするか、数を言わないといけないルールがあるんです

 

「冠詞」がどういう働きをするか

というよりかは、「名詞」が数えられるかどうか、が重要なので

詳しくは名詞の記事に、一緒に書いてます!

代名詞

代名詞=”I”とか”you”とか

色々と説明するより、こっちの方がわかりやすいでしょ?

名前で呼ばずに”あなた”って呼ぶことが、あると思うんですけど

名前の「代わり」に”あなた”って呼ぶ

『代』わりの『名』前の『詞』って覚えましょう

 

代名詞の記事はこちら

 

動詞

動詞=動きを説明する言葉

文字通り、『動』きの『詞』です

日本語で言えば、最後の文字が”ウ段”で終わる言葉ですね

「走る」とか「寝る」とか、「書く」「聞く」とか

口が”う”で終わる言葉が動詞です

 

動詞にも2種類あるんです

細かくてめんどくせぇwって、いながきも思いますが

ここは簡単なので、ちょっと読んでください

 

動詞の記事はこちら

be動詞

be動詞=”be” “am” “are” “is” “was” “were” “been”

細かく説明すると、かなりめんどくさくなりそうなので

この7つだけって覚えてください

というか、そのうち覚えるんで

原型が”be”の動詞があって、色々変化するってことだけ

覚えといてください(ってかそのうち嫌でも覚えます)

一般動詞

一般動詞=be動詞以外の動詞

“be動詞”か”be動詞以外”かってR●LANDさんも言うてはりましたけど

どっちかしか無いので、be動詞じゃなければ一般動詞です

動詞ということがわかれば、be動詞も一般動詞も特に区別が無いので

無理に覚える必要はありません(ならなぜ説明する)

 

一般動詞の中には、『自動詞』と『他動詞』があるんですけど

細かく言うとややこしいので、それはまた別の記事で

説明しますので、そちらをご覧ください

 

助動詞

助動詞=動詞を助ける言葉

動詞を助けるって、どういうことかというと

動詞の前に置いて、動詞に意味を付け加えるという感じです

“will”とか”may”とか”can” “must” “should” “shall”と

色々ありますが、”will”なら未来の推測とか

“can”は可能性という意味を動詞とは別に

文章に付け足すことができます

 

細かいこと話すと長くなるので

助動詞はこちらのページを読んでください

形容詞

形容詞=名詞を説明する言葉

モノ(名詞)がどういうモノかを説明する言葉が形容詞です

”白い””黒い”とか、”大きい””小さい”など

日本語で言うと、「い」で終わる言葉です

例えば「青い空」なら

空(名詞)が、青い(形容詞)という事で

空という名詞が、どういうものか、より具体的にわかりますよね?

 

他にも、「悲しい」とか「怒っている」

「お腹がすいた」などの感情などを、表すものもあります

英語の場合、日本語の形容詞と全部一緒では無いので、注意してください

 

形容詞の記事はこちら

副詞

副詞=名詞以外を説明する言葉

正直、副詞が一番やりたく無い

副詞は、動詞の説明をしたり

形容詞の説明をしたり

文全体の説明をしたり

めちゃくちゃ幅が広いです

一言では表せません

 

詳しくやるとキリがないので

中学校で習うモノと、覚えてると便利そうな副詞に絞って

説明しようと思うので、出来上がったらここのリンクから、読んでみてください(現在準備中)

前置詞

前置詞=”in”とか”on”とか、名詞の前に置いて他の言葉との関係を示す

名詞と言っても、全部の名詞の前に置くわけではないので注意してください

これを詳しく説明すると、かなり難しくなりますが

なぜ前置詞が必要か、わかれば英語が簡単に読めるようになります

 

とは言え、中学英語レベルで説明すると

頭が爆発してしまうので

上級者?中級者?向けで、記事を書くかもしれません

追記

記事にしました!言葉は少なめで、図多めです

ごちゃごちゃ難しいこと書いてませんので、よかったら読んでください

ここから飛んでね♡

 

というわけで、今回は

前置詞は”in” “on” “at” “for” “from” “by” “of” “with” “about”

などなどがある

とだけ覚えておいてください

接続詞

接続詞=文と文をつなげる言葉

1つの文章だけでなく、2つ以上の文章を繋いで

説明しないといけない事ってありますよね?

 

例えば、

・いながきは英語のテストで0点を取った

・いながきは悲しい

という2つの文章がありますが

いながきは悲しい「なぜなら」英語のテストで0点を取ったからだ

と、言えば、一つの文章になりますよね?

この「なぜなら」の部分が接続詞というわけです

 

接続詞は、詳しく書く必要があれば

この記事で、追記しようと思うので、別の記事を書く予定は今のところありません

詳しく知りたい方は、Twitterからご連絡ください!

間投詞

間投詞=”Oh”とか、感情がこぼれた言葉

別に、これは重要ではないんですけど

一応、品詞としてわかれてるので説明しておきます

 

“Oh”とか”Wow”とか

特に意味はないけど、感情として出てきた言葉

的な感じです

それくらいのもんやと思っといてください

Advertisement

まとめ

名詞=モノの名前(一般名詞、固有名詞)

代名詞=”I”とか”you”とか

動詞=動きを説明する言葉(be動詞、一般動詞、助動詞)

形容詞=名詞を説明する言葉

副詞=名詞以外を説明する言葉

前置詞=”in”とか”on”とか、名詞の前に置いて他の言葉との関係を示す

接続詞=文と文をつなげる言葉

間投詞=”Oh”とか、感情がこぼれた言葉

品詞は全部でこの8つ

細かく分けたら、もっとありますが

とりあえず、この太字にした8つは覚えましょう

 

英単語を覚えるときは

「スペル、発音、意味、品詞」を、セットにして覚えるのがベターです

無理して、全部覚える必要はないですけど

覚えた方が、後で楽になります

絶対なります!

 

それをどう使うかは、また今度説明するとしましょう

というわけで

ほなまた!

 


いながき

品詞を生かすも殺すも自分次第(決まった)

 


天道虫男

いや、英語次第やろw