イジメの対処法!イジメられた時、イジメられてる子を見た時はこうすればいいかもしれない

イジメの対処法!イジメられた時、イジメられてる子を見た時はこうすればいいかもしれない

まいど!編集長いながきです!

当ブログは、世界一ゆるいメンタルハック的なブログ、です

読んでくださって、ありがとうございます!

 

さて、イジメの対処法と、断言していいものか、わかりませんが

対処法のひとつ、になるとは思うので、

参考にしていただければ、と思います

 

専門家でもなく、素人意見ではありますが

元高校教師の父の意見も、含まれますので

信ぴょう性は高いかと、思います

 

注意:刑事事件の場合、事実であっても起きたことを話す

つまり、状況証拠だけでは警察が動けない可能性もあります

学校や職場で起こったことも、同じです

動画や音声、写真などの物的証拠、を残すことが確実ですが

それが難しい、場合の対処として、この記事を書いております

Advertisement

いじめの証拠を残す

 


天道 虫男

イジメで実刑とか無理かな?


いながき

そうなれば、減るとは思いますけど、難しいでしょうね

 

必要なのは、証拠を残すことです

現代では、小学生でもスマホを持つ時代、ですので

映像を撮ることだって、不可能ではありませんが

「イジメられている側」が、動画を撮ろうものなら

イジメが、エスカレートする可能性もありますので

オススメできません

 

では、どうすればいいのか?

 

父が元高校教師で、体育(柔道)の、

30代からずっと生活指導担当(パワー系)の、教員でした

父も、色々ありましたが、本人としては生徒のことを考えて

指導をしていたので、未だに教え子と親交があったりします

それを見ると、いい教師だったんだな、と思ったりします

 

話が飛びましたが、父がちらっと言っていた方法です

Advertisement

ノートをつける

記録を、つけてください

いつ、誰にどこで、何をされて、どういう気持ちだったのか

これをノートに、日記のように書いてください

出来るだけ正確に、脚色せず、書いてください

 

ノートが動かぬ証拠、になるわけではないですが

これには、メリットがあります

加害者は証拠を残さない

これは、全員がというわけではない、とは思いますが

加害者は出来るだけ、証拠を残さないでしょうし

問いただしても、やってない、と答えるでしょう

その結果、

教育委員会の調査では、イジメは無かった

という、報道を聞くことになります

 

だから極力、被害者が、証拠になるようなものを

残す必要があるのです

なぜノートなのか、誰かに言えばいい

と、思ってませんか?

誰かに口で伝えるのは無理

誰かに話せて、解決できるなら

この世から、いじめられっ子が自殺することは、なくなります

言えないし、解決できないから

誰かが、自分で命を絶つこと、になるのです

 

まず、自分でイジメられている、と簡単には言えないでしょう

もし、言えたとしても、もう限界にきている状態だと、思います

その状態では、もう遅い可能性も出てきます

もちろん、解決するケースも、あるでしょうけど

加害者が、シラを切って逃げられる、可能性もあります

もちろん、復讐の意味で、罰を与えるのは、良くないですが

罪の意識を、少しでも「イジメた側」の人間に、持たせたい

「イジメ」をしたら、こういう罰があると、思わせたい

だから、「イジメ」をちゃんと裁けるように、証拠を残して欲しい

そう、いながきは思います

 

だから、ノートに記しておくのです

言えなくても、家族が見てくれるかもしれない

言えた時には、こういうことをされた、と言えるかもしれない

その記録をもとに、加害者にも問いただせる

証拠までにはならなくても、立派な参考資料になり得るのです

 

でも、本人だけが努力しても、どうにもならないことがあります

だから、これを読んでいるあなたの意識が、必要になります

Advertisement

いじめられっ子を助けるのは、あなただ!

結局、当事者同士では、片付けられない問題が出てくるんです

話が平行線になったり

「やられた」、「やってない!」という状態が、続くかもしれません

 

それよりも、被害者が言わないと、

「イジメ」自体の発覚が、遅くなります

あなたが、発信することで

「いじめられっ子」の現状を、変えられるかもしれない

 

だから、目撃したら同じように、記録をとって欲しい

できることなら、こそっと映像を撮ってもらいたい

一本の映像や、一回の行動では、信じてもらえないかもしれない

だから、見たことを出来るだけ残して

それが続いているということを、示せるようにしてください

 

誰かに伝えることで、もしかしたら

今度は自分が、イジメられるかもしれない

という恐怖は、もちろんあるでしょう

だから、ぜひ近くの信頼できる大人に、声をかけて欲しいのです

信頼できる大人に話す

両親でもいいし、学校の先生でもいいし

スクールカウンセラーさんがいれば、そういう人でもいい

 

自分が、この人になら言える

という、人に相談してみてください

対処してくれる、はずです

 

はずですが、対処法がわからない大人のために

一応、書いておきます

学校との連携は必須

これも素人の見解なので、正解ではないと思います

思いますが、学校に第三者としての意見を、言うようにしましょう

その時に、誰から聞いたかは、名前を伏せて

いつから、(被害者)が(加害者)にどういうことを、されている

と、しっかり話せる内容を持って、相談してください

 

その時に、ボイスレコーダーか、

何かで録音しておくことを、オススメします

学校でも対処してくれなければ、他の機関に連絡する

 

他人の話だからと言って、動いてあげなければ

誰かが「死ぬ」ことに、なるかもしれません

あなたは、それでもいいですか?

誰かを見殺しにして、いいですか?

Advertisement

っつーことで

気味の悪い、終わり方にしちゃいましたが

これを読んだ全員が、「イジメ」に対して

何かできることはないか、と考えてくれる

きっかけにでも、なれれば嬉しいです

 

そういう意味で、書いてる部分もあるので

この内容を鵜呑みにせず、自分で考える

そして、行動してください

いざ!という時に、行動しないと

意味ないですからね笑

 

一人ひとりの行動で

「イジメ」の芽を、つめるようにして

少しでも、この世から「イジメ」を

減らすことができれば、本望です

 

今日もご苦労さん!

ほなまた!

おおきに!