世界一ゆるい暗記方!知識を記憶にインプットさせるには?五感を使うん?どないするん?

世界一ゆるい暗記方!知識を記憶にインプットさせるには?五感を使うん?どないするん?

まいど!編集長いながきです!

初めましての人は、よろしくお願いします!

常連の方は、まいどです!

 

今回は、インプットのお話です

ほぼ、勉強法に近いです

みなさん、試験勉強とか、どうされてました?

中学、高校で単語のテストとか、ありましたよね?

どうやって、覚えてました?

 

記憶をどうやって、定着させるか

という、お話なので

受験勉強や試験勉強とか

資格試験にも使える、かも?

 

では、どうぞ!

Advertisement

インプットって、なんなん?

 


天道 虫男

そろそろ容量がなぁ…


いながき

もしかして虫男さんって…

 

以前アウトプットに関しての記事を書きました

世界一ゆるいアウトプットの方法!アウトプットってそもそもなんなん?なんか勘違いしとらんか?

まいど!編集長いながきです! 常連の方はお馴染みの、世界一ゆるいシリーズ 初めての人は、なんじゃこれ?って思う人も、いるかもしれません 念の為に、説明しておくと メンタルハック的なことを、噛み砕いてゆるく説明してみる というシリーズです 過

この記事の中で、「インプット先行」って、書いておきながら

インプットの話をしないのは、どうかな?と思って書いてます笑

 

「インプット」は、「アウトプット」の逆ですね

脳の中に、入るものだと思ってください

つまり、”知識を記憶する”ってことですね

何かしら、記憶しないといけないこと、ってありましたよね?

全く、暗記をせずに、今まで生きてきた人いませんよね?

学校のテストや、受験勉強、仕事で必要なこと

何かしら、覚えないといけないことって、ありましたよね?

 

今、これを読んでる中学生や高校生

また、資格勉強中の方は、朗報です

一度、この手を試してみてください

暗記するには五感を使え!

記憶に定着させるには、五感を使ってみてくだい

五感と言っても、

”触覚”、”嗅覚”、”聴覚”、”味覚”、”視覚”

フルで使え、と言うわけではありません

”味覚”とか、無理ですよね

使い方の例は、最後に書きますんで

もうちょっと、待っててくださいね

複数の感覚で覚える

見て覚える、だけで覚えられる人は、いいんですけど

「見るだけで覚えられた試しが無い」、って人いますよね?

教科書にラインを引いて、それで満足して

試験で思い出せない、そんなことありませんでした?

 

いながきも、見ただけでは、なかなか覚えられませんでした

視覚情報だけに、頼っても、なかなか覚えられないんです

だから、視覚以外の情報を取り込んで、あげればいいんです

”視覚+聴覚”や”視覚+触覚”

出来るだけ、感覚を増やすことによって

記憶の定着が、進みます

 

理由を書くと、ややこしくなりそうなので

その辺は、すっ飛ばします

(わからないわけではない、と言っておきます)

 

さて、どういう風に使えば、いいのでしょうか?

五感の上手な使い方

さて、どうやって感覚を使って、記憶に残すか

それを、説明していきましょう

何種類か、オススメしますので

自分に何が合うか、一度試してみてください

聴覚+視覚

見ながら、聞くというパターンです

例えば、

英単語を見ながら、単語帳のCDを聴く

目でスペルを覚えて、耳から音を入れる

CDが無くても、その単語を読むことで、

自分の声を聞けますし、口も動かせます

 

通勤、通学の電車の中、などのスキマ時間で

気軽に、勉強ができるので、この方法はオススメです

CDが無ければ、自分で録音してみてください

触覚+視覚

一番、簡単なのは、書くことですね

漢字ドリルとか、書いて覚えましたよね?

あの、感覚です

ひたすら、覚えるまで書く

ただ、それだけです

 

あとは、動きで覚える、という手もいいかもしれません

体のリズムで覚える、ということです

かの、ロザン宇治原氏は

「あり、おり、はべり、いまそかり」を

バスケのシュートフォームを、4段階に分けて

動きながら、声に出して覚えたらしいです

究極の合わせ技

もう、何がなんでも覚えないといけない!

どうすれば、覚えられるの?

と、お困りなら

これを全部、あわせてやってみたください

「歩きながら、教科書などを読んで、指で文字を書く」

これで、覚えられなかったら、私には手に負えません

他に、あなたに合った方法が、あるはずです

諦めずに探してください

(いながきは提案することを諦めた模様)

Advertisement

っつーことで

これは、ただ単純に書いてあることを覚える

という時に、役に立つ方法です

これで、考えが発展するとか

そういうものでは、ないので悪しからず

また、その話は、おいおいやるかも?

 

今日もご苦労さん!

おおきに!

ほなまた!