お金ってなんなんだろ?お金が変わってしまうかもしれない?何のこっちゃ

お金ってなんなんだろ?お金が変わってしまうかもしれない?何のこっちゃ

まいど!編集長いながきです!

まずはこちらのCMをご覧ください

 

 

お金ってなんなんだろ?と考えさせられる三井住友カードのCMです

ばあちゃんはこのCMを見て

「なんや、カード会社の回しもんか?」と、不服そうに見てました

現金しか信用しない、という信念だそうです

しかし、このCMにあるように、現金にも様々な問題が

というか、法定通貨(円とか米ドルとか)にも問題があるわけです

というお話を、今回はやっちゃいまーす

専門外なので、間違ってるところもあるかもしれません

見つけられたら、ご指摘いただければ幸いです

また、投資とは一切関係ありませんが、投資は自己判断でやりましょう

お金ってなんやねん?

以前、「時は金なり」の話で、お金は信用であるという話をしました

時は金なり?いやいや命やで!それより金ってなんやねん?

まいど!編集長いながきです! 「時は金なり」って言いますけど

現在、使われているお金のほとんどは、法定通貨です

各国が発行した、日本円であったり、米ドル、ユーロと言ったものですね

これらの通貨、紙幣や貨幣には、全く価値はありません

それぞれの国が、保証しているので、価値が認められています

つまり国が破綻すると、一万円札もただの紙切れです

1円玉1万枚の方が、アルミの塊として価値が出るかもしれないです

国が認めている(信用がある)、というだけで、貨幣そのものに価値はありません

日本では、あまり感じられないと思いますが、

この信用問題が、大きい国もあるのです

じゃあどうするの?

国が破綻する可能性は、どこの国でもありますよね

みなさんが平和だと、感じていても

いつ戦争になるか、わかりませんし

日本が違う国に、なってしまうかもしれません

そうなると、日本円はもう使えなくなってしまいます

どれだけタンスに入れようが、銀行に入れようが

もし、国がなくなってしまえば

もうみんな、無一文も当然です

さて、どうします?

分散投資

ここは本題とあまり関係ないんですが、

リスクを抑えるなら、分散投資をしておくという手があります

日本が無くなるというのは、あまり考えにくいことではありますが

無くならなくても、日本円の価値は日々変わっていきます

日本円だけでなく、米ドル等の他国の通貨で持っておくと

リスクは分散されますので、円の価値が下がっても安心ですね

というお話です

投資は自己判断でお願いします

国に依存しない通貨があるん?

国が発行している通貨は、政府や中央銀行によって管理されています

日本円の場合、日本政府と日本銀行ですね

もし、政府や日本銀行が不祥事ばかり起こしていて

信用できなくなったら、どうしますか?

円の価値が、全く安定しない

そんな状態は、嫌ですよね?

誰も円を、信用できなくなります

世界には、このような国もないわけではありませんし

今後そういった国が、増える可能性だってあります

じゃあその時はどうしたらいいの?

という問題を解決したのが、出てきました

いわゆる、暗号通貨(仮想通貨)というやつですね

暗号通貨ってなんなん?

 


天道 虫男

仮想通貨なん?暗号通貨なん?


いながき

英語から訳すと暗号通貨ですけど、国としては暗号資産と呼ぶことになるらしいっす

暗号通貨(crypto currency)はその名の通り、暗号で管理されています

有名なのはビットコインですね

ビットコインは、2009年に登場し、ネットではちらほらと噂はされていました

しかし、法定通貨以外の独自の通貨、と言えば「円天」のような

詐欺事件で聞いたりするので、訳のわからない人からすれば、怪しさてんこ盛りでした

しかし、その価値が認められて、一時期バブルが来ましたね

まだ、価格の上下動(ボラリティ)の激しさ、がありますし、

さらに、詐欺であったり、儲かる秘訣を教えるセミナーなど、

知ってるけど、手を出すのは怖いと思ってらっしゃる方も多いと思います

実際は怪しいものでも何でもなくて、ただ定着していないだけだと

いながきは、考えております

特徴を簡単に、ご紹介しておきます

簡単になので、詳しい話はちゃんとしたサイトを見てください(投げっぱなしジャーマン)

実体がない

暗号通貨は、貨幣のように実際に手にすることは、できません(一応ペーパーもないことはない)

所有している通貨は、全てネットワーク上にあります

通貨の発行も、ネットワーク上で行います

暗号を解いて、正解した人に掘り起こした通貨の一部が報酬として与えられます

この、掘り起こすための暗号解読を、マイニングと言います

こうして通貨量を増やしていくわけですが、一気に増えてしまうと

通貨の価値が、めちゃくちゃになってしまうので、

一定時間に一定量と、決められています

ネットワーク上で、送金も可能なので、銀行を通すよりはるかに早く

ブロックチェーンという技術で、不正も防げます

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、分散化台帳技術と訳されています

仕組みとしては、ざっくり言うと、台帳を複数人が見られるというものです

銀行の台帳は、銀行の人しか見られませんよね?

個人の通帳は銀行の人と、本人は見ることができますけど、

赤の他人の通帳とか、誰が誰にいくら振り込んだとか、見られませんよね?

暗号通貨は、送金アドレス(振込先)も暗号化されているので、誰かまではわからなくても

アドレスAからアドレスBに、いくら送金したか、が台帳に記録されます

これがネットワーク上で、確認できるので、分散化と言うわけです

公開されているので、もちろん整合性を検証することもできます

つまり、不正をしたらバレてしまう、という訳です(ざっくり)

個人の預金は預金先の銀行が管理していますよね?

その預金先の銀行が、もし不正を行っていたら

あなたのお金が、どこかに消えることになるかもしれません

暗号通貨は台帳がオープンなので、複数人が確認できます

つまり、不正も防げるという仕組みになってます

Advertisement

つまるところ?

オープンで、かつ分散化されているので、通貨の発行量や

使用者数が多くなると、信用度が高くなります

世界的に使用されるようになれば、法定通貨のように

国がなくなれば、通貨の価値が無くなるということは、ありません

つまりですね、国の基盤がしっかりしていない

経済状況が不安定な国は、法定通貨に頼らなくても

暗号通貨を用いることで、みんなが安心してお金を使える、ということになります

現時点では、実生活で使用できる場面が、限られていますので

実現するのは、もう少し先のことになりそうですが

国の一大事を救うために、通貨を生み出すということも、不可能ではありません

「お金=信用」の図式は変わらなくても、信用の視点が変わるので

今後も、個人的に大注目の技術、だと思っております

っつーことで

法定通貨に、とって代わるかもしれない暗号通貨

今後も種類も増えていくでしょうし、何が本物で

何が怪しいか、を見極める必要はありますが

それはまた別の話、ということで

今日もご苦労さん!

 

おおきに!

ほなまた!