フリースタイルダンジョンは下火なのか?バトルMCのおすすめ曲置いとくから、とりあえずこれ聞いて落ち着けよ

フリースタイルダンジョンは下火なのか?バトルMCのおすすめ曲置いとくから、とりあえずこれ聞いて落ち着けよ

まいど!編集長いながきです!

フリースタイルダンジョン、って知ってます?

MCバトルのテレビ番組、なんですけど

ボスを全員倒せば、100万円という

夢のあるテレビ番組で

昨今の、ラップブームの火付け役ですが

最近、落ち着いてきたんじゃね?

という意見がちらほらと

ということですが、今回それとは関係なく

バトルMCの楽曲を、紹介しようということで

MCバトル?は?何それ?って人も楽しめますんで

どうぞー!

Advertisement

MCバトルってなんなん?

 


天道 虫男

MCバトルすっきゃわ〜!よく忍び込んでるわ!


いながき

忍び込めるんすか?(聴覚あるんやw)

フリースタイル(即興)バトル、とも言われますが、

DJがかけるビート(音楽)で、口喧嘩をラップで行います

おしゃれな口喧嘩だと、思ってください

口喧嘩だと、内容重視かもしれませんが

スキルが伴ってないと、すぐ反論されます

つまり、ラップがうまくて、頭のキレる人が強いんです

そのラップのスキルも、色々ありますが

基本的には、ライム、フローとパンチライン

だけ把握しとけば、面白さは倍増します

その3要素と、スキル巧者か、喧嘩巧者かで分かれると

勝手に分析してますんで、興味なかったらすっ飛ばしてください

スキル巧者

基本的にラップは、ライム&フローと言っても過言ではありません

ライム=韻、フロー=ビートの乗せ方、抑揚(メロディー)だと思ってください

韻を説明すると

例えば明日彼女と遊べばあそこに行ってれば

この一文で、母音が同じ箇所、を探してください

例えば、遊べば(あおえあ)

彼女、あそこ(あおお)

遊べば、行ってれば(最後が、えあ)

同じ母音を使うことを、韻を踏むと言います

このテクニックを使うことで、リズムに乗りやすくなったり

聞く側も聴きやすい、すっと入ってくるわかりやすいラップになります

これを駆使しているのが、2代目モンスターのFORK(ICE BARN)です

固い韻が信条の、ライム至上主義を掲げてるくらいです

マジかっけえ、ライム界のレジェンドと言ってもいいでしょう

彼に踏めない韻はない笑

 

そしてフローですが、これは歌には抑揚がありますよね?

音に高低つけて歌いますよね?

でも基本的にラップって、抑揚があまりないんですよ

喋りに近いので、淡々としてしまう

これを一定にせずに、ビートの乗り方や、抑揚をつけることを

フローと呼んでます(たぶん)

メロディー的な要素ですね

ほぼ歌ってるんじゃない?って人もいれば、淡々としてたのに

乗せ方を変えて、魅せてくる人もいます

ハマれば、お客さんは湧きます

下手くそ、ありきたりなフローは逆にしらけます

音楽的なセンスは必要となるので、

フローだけでなんとかするMCはなかなかいません

いませんが、鎮座DOPENESSだけは別格

先ほど紹介したFORKと同じくUMB(Ultimate MC Battle)優勝者です

ライムも気にせず、自由なフローはまさに芸術の域で

フリースタイルを聞いてて、一番楽しいMCではないかと思います

喧嘩巧者

こちらは、打って変わってパンチラインを得意とするMC達ですね

ライム&フローを、疎かにしてるわけではないですけど

相手の弱点を突く、揚げ足を取って、マウントを取るために

スキルを使うという、ファイター系のMCです

ディス(ディスリスペクト=侮辱)の応酬が、MCバトルは基本ですが

喧嘩巧者は、相手を、けちょんけちょんに言うMCしかほぼいません

バトルらしいけど、ラップとしてどうなのかと言うところも

お客さんや審査員は見ているし、スキルがなければ逆に

「ダセエ」って返されるので、そこを返す力量や

周りを巻き込むバイブス(熱量)が必要です

このバイブスがやばいのが、輪入道です!

ライムもうまいですけど、相手を圧倒する熱量

ステージに立てば、もうそこは輪入道の土俵に見えるくらい

相手を引きずりこみます、いながきがイチオシのバトルMCです

単純な喧嘩であれば、呂布カルマがすごい!

淡々と説教してるかのごとく、相手を説き伏せにきます

この2人は、現在フリースタイルダンジョンの、モンスターなので

要チェックやで!

ほんで何がオススメ?

3曲だけ、ご紹介します

どなたも、バトルの実績は半端ない

しかし、バトルが目立ってしまうと

楽曲があまり、フィーチャーされないという

ジレンマに、陥ったりもします

ファンなら、知ってて当然でも

ダンジョンしか見ない人って、知らないんですよね

かっこいいのに、もったいない

 

TAG SHIT/輪入道 x DOTAMA x mu-ton

輪入道、DOTAMA、mu-tonで出場した、

Monsters War 2017の優勝記念みたいな楽曲

マイクリレーは輪入道→DOTAMA→mu-tonの順

ゴリゴリの輪入道に、キレキレのDOTAMA、独特なフローのmu-ton

いながき的にかなり、リピートした1曲

mu-tonのフローが、かなりやばい

最後まで聞くべし!

GO ON/GADORO

GADOROも、数々のバトル優勝経験のあるMC

ゴリゴリのバトルMC、のイメージが強いんですけど

リアルを赤裸々に綴ったリリック、さすがのスキル

イメージと真逆に、グッとくる一曲です

ごちゃごちゃ言うのも、アレなんで

とにかくこれは、聞いてくれ!

ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX feat.般若, 漢 a.k.a. GAMI & R-指定/DJ RYOW

この曲はうんちくたれても仕方がないんで、

気になるならWikipedia見てください

般若→漢a.k.a.GAMI→R-指定のリレー

般若は言わずと知れた、ダンジョンのラスボス

漢さんはコンプラに引っかかるから明記避けます

R-指定はUMB3連覇の初代モンスター

この3人のリレーはやばい

何がやばいかは聞けばわかる

ってさっきから、それしか言ってない笑

っつーことで

実は、曲紹介なら手抜きでできるか

と舐めてました

すいませんでした

でも手を抜かずに書いたと言うか

本当に聞いてほしい曲なので

聞いてください

今回はバトル編だったので

それ以外の日本語ラップも、そのうち紹介します

楽しみにしといてください

ご苦労さん!

 

おおきに!

ほなまた!