世界一ゆるいラップ!ひとりごとラップのススメ!ビートに乗せて愚痴でも言ってみる

世界一ゆるいラップ!ひとりごとラップのススメ!ビートに乗せて愚痴でも言ってみる

まいど!編集長いながきです!

ひとりごとラップって知ってます?

知らないっすよね?

いながきが2年くらい前に開発した

ストレス解消法です

(なおストレス解消できるかは不明)

ラップやりたいけど、どうしたらいいかわからない人にも

もしかしたらオススメ

(本気でやりたい人はできる人に教わってね)

Advertisement

ひとりごとラップってなんなん?

 


天道 虫男

ひとりごとなん?ラップなん?


いながき

ひとりごとをラップにしただけの(以下略

 

まあ、そのままなんですけど

ビートに乗せて、ひとりごとをボソボソ言う

それだけです

きっかけ

ことの始まりは、2016年のSTUDIO韻シストがきっかけでした

その頃、フリースタイルダンジョンが、いながきの中で大流行り

体調を崩していたということもありまして、HIPHOPに救われました

そう言っても過言ではないくらい、どハマりしていたわけです

そんななか、韻シストがゲストを呼んでサイファー(フリースタイルをみんなでやる)

動画が、公開されたわけです

韻シストは中学生の頃からファンでして、その韻シストのサウンドに

当日スタジオに入るまで、わからないゲストと音に乗るという企画に

いながきは、もうこれだ!オレもこれをやる!って大興奮!

しかし、サイファーをやってくれる友人がいない

誰かやっていないか?とTwitterで探した結果

山口県内(当時山口県在住)に1つだけ、やっているところを見つけ

ヒソヒソと潜り込んだのに、誰一人としていない!

いながきは頭を抱えて、車で泣きながら帰りました

ひとりごとラップ誕生

しかし、何かを生み出すには苦悩が必須

そう、誰もいなければ、一人でやればええねん!

とりあえず、車の中でYouTubeからビートを探してかける

さらに部屋(当時自衛官で4人部屋)で一人の時に

ビートをかけて、ボソボソ喋る

そうして、ひとりごとラップが誕生したのです!

ラップって難しくない?

フリースタイルダンジョンは下火なのか?バトルMCのおすすめ曲置いとくから、とりあえずこれ聞いて落ち着けよ

まいど!編集長いながきです!

前回の記事で、散々ラップとは何か、うんちくを垂れましたが

こんなスキルは、プロだからできることです

素人にはまるで無理!

そこまでやる必要なし!

まずはビートに合わせて喋る!

喋る!ここから始めます!

ビートに乗せて喋る

バトル用のビートは、8小節か16小節でスクラッチ(キュイキュイ)が

入るので、それがないビートを探しましょう

”HIPHOP instrumental”で検索すると、いっぱい出てきます

この中で、いい感じ、自分の気分にあったビートを選んで

愚痴でもなんでも、楽しかったことでも喋ります

ビートに乗せてくださいね

乗せ方は自由です!

淡々とでもいいし、ノリノリでもいいし

歌ってもいいかもしれないし、とにかく気にしない!

気にしない!喋る!ただただ喋る!

ちょっと慣れてきたら、ビートの乗せ方を工夫する!

そしたらラップぽくなる!

韻は踏む?

ここが難関です!韻は意識すると、言葉が詰まります!

気づけば踏んでた!くらいがいいです!

韻を意識しちゃうと、日常生活に支障をきたします!

頭の中が母音で、いっぱいになって

これは、これで韻が踏めるな

という風に、頭の中がライムだらけになります

非常に危険です!

それでもやりたい方はどうぞ!

かっこいいライムが出た時は感動して

その後必ず詰まります

今のすげーって感動して、次の言葉が出なくなります

そうです、いながきは素人です

ストレス発散できるん?

これは実体験ですが、多少のストレスは軽減されます(たぶん)

結構、嫌なこととか溜めがちじゃないですか?

いながきは、なかなか外に出せないんですよ

ひとりごとラップを、することによって

愚痴を言ってるけど、愚痴っぽく聞こえない

ディスってカッコよく言っちゃえば、愚痴じゃない!

って思えて、すーっと出てくるんですよね

それが良かったのかもしれない

オレこんなこと思ってたのか、って事もたまに出てきますが

ラップをしてるから、仕方なく出てきた

言葉を出さないと、ラップができないから仕方ない

と反省はしません

これも良かったのかもしれないです

Advertisement

っつーことで

お分かりいただけました?

いながきの開発(?)した、ひとりごとラップ

あなたもきっと、趣味になりますよ

 

HIPHOP話は、割と反響が多いので

今後もたまに、記事にしていきます!

 

ほな、今日もご苦労さん!

おおきに!

ほなまた!